イグノーベル展とラジフェスとディズニーと。

おはようございます。

新入社員の齊藤です。

今月はタイトルの通り、イグノーベル展とラジフェスとディズニーに行きました。

イグノーベル展は毎年ハーバード大学で授賞式が行われているイグノーベル賞を受賞した研究の展覧会です。

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に賞が与えられる、ノーベル賞のパロディーそれが「イグ・ノーベル賞」です。

私が個人的に面白いと思ったのは、研究ではありませんが、授賞式に登場する8歳の少女「ミス・スウィーティー・プー」です。

このミス・スウィーティー・プーは受賞者の行うスピーチが制限時間の60秒を超えると「もうやめて、私は退屈なの」とスピーチが終わるまで言い続けるそうです。このアイデアもイグノーベル賞ならではで面白いなと思いました。

そして研究の種は日常のいたるところにあるのだなと思いました。

イグノーベル展に行った同日、赤坂のTBSで開催されていたTBSラジオのイベント、ラジフェスに参加してきました。

いつも聴いているラジオ番組のイベント観覧に応募したところ、当選したので友達と参加しました。

毎日ラジオを聴いているラジオ好きな私には、とても幸せな時間でした。

 

最後は、先日行ったディズニーシーについてです。ディズニーは2か月ぶり、ディズニーシーは約8年ぶりでした。

クリスマスの飾りつけがとてもきれいで、もう年末なんだな、と思いました。

楽しすぎてまた行きたい!!!と思ったので近いうちにまた行こうと思います。

 

もっと見る

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。